院長紹介

院 長 嘉 久 裕 国

 祖父の代より続く実地医家の三代目として東京都に生まれる。幼少時より臨床医であった父の影響を受け、また自らが患った喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎の経験から、あらゆることに対応できるオールラウンドな医師像を理想に医学の道を志す。

 慶應義塾大学医学部に入学。初心に従い基礎医学から臨床医学まで幅広い医学知識の習得に専念し、同校を平成5年に卒業。自らの持病であった喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎を克服する。

卒後は母校の慶應義塾大学病院内科にて特定の専門領域にとらわれない内科全般にわたる診療に携わり、幅広い臨床経験を積んだ後、国立久里浜病院、芳賀赤十字病院、慶應義塾大学伊勢慶応病院などの病院に勤務し内科全般を中心とした幅広い診療を実践。

 その後、幼少時よりの理想であったオールラウンドなプライマリ・ケア医を目指して二見浦内科にて父と共に診療を始め、平成15年9月より二見浦内科専任医師(副院長)、平成17年2月より現職(院長)となる。

 目下、内科全般はもとより、各専門領域、他科領域にまで至る幅広い最新の医学知識と診療技術の習得・向上の為、全国各地の学会・研修会に積極的に参加し、日夜精力的に勉強・研鑽に励むと共に、ただただ患者さんの喜ぶ顔が見たいという思いのもと、地域の信頼できる「かかりつけ医」として日々熱意ある診療を行っている。

 

主な所属団体

日本医師会 三重県医師会 伊勢地区医師会
日本内科学会 日本アレルギー学会 日本糖尿病学会
日本呼吸器病学会 日本皮膚科学会 日本美容皮膚科学会
日本臨床内科医会 三重県臨床内科医会 日本抗加齢医学会 (アンチ・エイジング) など
▲このページの先頭へ