病気について

気管支喘息について  喘息とは、何らかの原因で気道に慢性の炎症が起きて刺激に敏感になり、ダニや埃などに対するアレルギーや感染症・風邪・ストレス・運動などの刺激によって発作的に気道が狭くなる病気です。発作が起こると空気の流れが悪くなり、呼吸困 »続きを読む
花粉症・通年性アレルギー性鼻炎について  近年、鼻アレルギーの患者さんが急増する傾向にあり、発症年齢も年々若年齢化しています。スギやヒノキ、イネ科植物に対するアレルギーをお持ちの方は季節的に症状が現れるため「花粉症」と呼ばれますが、家ダニやハウスダスト(室内塵 »続きを読む
アトピー性皮膚炎について  アトピー性皮膚炎はアトピー皮膚(皮膚の乾燥とバリア機能異常)という特殊な体質の皮膚に、種々の刺激やアレルギー反応が加わっておこる慢性反復性の湿疹・皮膚炎です。アトピー性皮膚炎の患者さんは多くの場合アトピー素因というアレ »続きを読む
睡眠障害・不眠について  良い睡眠とは、「寝付きが良く、途中目覚めることもなく、起床時に熟眠感があって、日中に眠気が残らず、作業効率もよい睡眠」のことを言い、その人に取って日中支障なく生活出来れば睡眠は十分と言えます。言い換えれば睡眠には何時間 »続きを読む
睡眠時無呼吸症候群について  睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に無呼吸状態になる病気で、10秒以上の無呼吸・低呼吸が1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上あるとこの病気と診断されます。この病気は突然死の原因になる他、睡眠中の無呼吸が続くことで身 »続きを読む
慢性閉塞性肺疾患(たばこ病)について  慢性閉塞性肺疾患とはかつて肺気腫や慢性気管支炎と言われた病気の総称で、長く続く咳や痰、歩行時や階段の昇り降りでの息切れなどを主な症状とする肺の病気です。この病気の特徴として患者さんのほとんどが喫煙者かまたは喫煙者に近い »続きを読む
咳について  咳は洋の東西を問わず患者さんが医療機関を訪れる頻度の最も高い症状の一つです。咳はその持続期間により急性の咳(発症3週以内)・遷延性の咳(発症後3~8週)・慢性の咳(発症後8週以上)に分けられ、その原因も様々です。急性の »続きを読む
糖尿病について  糖尿病とは、自己免疫疾患として発病する1型糖尿病と、食べ過ぎ・運動不足・肥満・ストレスなどの生活習慣から引き起こされる2型糖尿病に分類され、ほとんどの患者さんはこの2型糖尿病(生活習慣病の一つ)です。いずれの場合もいく »続きを読む
高脂血症について  高脂血症とは血液中の総コレステロール・LDLコレステロール(いわゆる悪玉)・中性脂肪のいずれかが高値を示す病気で、生活習慣や体質、遺伝的背景により引き起こされます。この病気は基本的に無症状で慢性に経過し動脈硬化を進展さ »続きを読む
▲このページの先頭へ