病気について

高脂血症について

 高脂血症とは血液中の総コレステロール・LDLコレステロール(いわゆる悪玉)・中性脂肪のいずれかが高値を示す病気で、生活習慣や体質、遺伝的背景により引き起こされます。この病気は基本的に無症状で慢性に経過し動脈硬化を進展させるため、最終的には動脈硬化による各種合併症(心臓病・脳卒中など)を起こし、特に心筋梗塞・狭心症などの冠動脈疾患との関わりが濃厚です。症状が出ないため、この病気の早期発見・治療には定期的な健康診断を受けることが重要で、特に家族に高脂血症や心臓病、脳卒中の既往のある方がおいでの際には注意深く検査を受けることが必要です。

当院では高脂血症の早期診断・治療はもとより、動脈硬化症に対しても頸動脈エコーなどの精密検査を行うことによって適切な評価・管理を行い、更には合併症である心臓病・脳卒中に対する予防・治療まで一貫した医学管理を行っております。

▲このページの先頭へ