病気について

アトピー性皮膚炎について

 アトピー性皮膚炎はアトピー皮膚(皮膚の乾燥とバリア機能異常)という特殊な体質の皮膚に、種々の刺激やアレルギー反応が加わっておこる慢性反復性の湿疹・皮膚炎です。アトピー性皮膚炎の患者さんは多くの場合アトピー素因というアレルギー体質を持っています。アトピー性皮膚炎は一般に慢性に経過するため、社会的には非常に治りにくいと考えられておりますが、適切な治療により症状がコントロールされた状態に維持されると、或る程度時間はかかりますが、十分治ることが期待できる病気です。

 治療の柱は既に起きてしまった皮膚の炎症を押さえる為の外用療法、皮膚の乾燥を防ぎ新たな炎症を防ぐための保湿、バリア機能異常を補う為の清潔保持、かゆみなどの症状を抑えるための内服療法などになりますが、これらの治療をバランス良く組み合わせることにより、症状をコントロールし皮膚の状態を改善することが出来ます。

 当院ではアトピー性皮膚炎の治療としてただ外用剤を出し続けるだけではなく、保湿や清潔保持などのスキンケア指導やスキンケア用品の紹介、生活環境指導なども丁寧に行って総合的に皮膚炎症状をコントロールし、患者さんを治癒へと導いております。巷ではアトピー性皮膚炎を過度に危険視し、またステロイド外用剤を忌避させるべく不当に恐怖をあおり、その上で根拠の乏しい高額な商品を買わせる悪質なアトピービジネスの被害が絶えませんが、医師の指導のもと適切な治療を根気よく行うことで必ずコントロールできる病気ですので、誤った情報に惑わされることなく当院を受診して正しい治療を受けられるようお勧め致します。

▲このページの先頭へ